あの、嫌ぁ~な感覚の原因は?

歯科治療により口腔内に金属が入っているみなさん!
今までにアルミ箔を噛んだりフォークやスプーンが金属の詰め物・被せものに当たった時に嫌ぁ~な感覚になったことはありませんか(๑ŏ _ ŏ๑)?

口腔内は咬合(噛み合うこと)による金属の磨り減りや、金属同士が噛み合うことにより金属イオンが溶け出しやすい状態にあります。
種類の異なる金属同士が唾液を介して触れ合うと『ガルバニー電流』と呼ばれる電流が流れ、『ガルバニックショック』を引き起こすことがあります。
冒頭で伺った嫌ぁ~な感覚は、この『ガルバニックショック』が原因です。

ガルバニックショックにより金属イオンが溶け出しやすくなるため、金属アレルギーの方は特に注意が必要です。
金属の詰め物や被せものが原因で手足や全身にアレルギー症状が出ることがあります。
もし疑いがありましたらアレルギー検査を受けることをオススメします!!


歯が沁みるっ(>_<)☆

こんにちは藤本歯科の藤本です(*^^)v

最近歯がしみる、しみるからついつい強く歯ブラシ当てて見たり、痛いからそこを避けて歯ブラシしなかったり…
そんなことはありませんか?
実はどちらもよくないんですよね(-_-;)

強く磨いて傷をつけたり、磨かない事で汚れが溜まって歯茎が腫れてしまったり、痛みにはそれぞれ原因がありますから
それが何かを調べることが大切です!!
そのままにはしないで受診してくださいね♪


定期検診について✨✨

みなさん、歯科への検診には通っていますか??
歯が痛いとき、調子が悪いときだけ通ってはいませんか??

虫歯になってから、調子が悪くなってからでは、逆に治療が長引いてしまったり、歯を保存出来なくなってしまっていることなども多いのです。

お口の中の健康を長く保つためにも、歯科への定期的な検診をオススメいたしますヽ(´▽`)/


虫歯になりやすい間食の取り方!

歯にとって最も虫歯になりやすい

間食の取り方があります❗️

それは時間を決めず

ダラダラ時間をかけて食べることです!
間食の取り方で大切なのは

※ 時間・量を決めて食べること!

※ 食べた後の歯磨きです!
間食後の歯磨きなんて続けられない…

と思われた方は

うがいから初めてみてください🎵

これからも私たちと一緒に歯を大切にしましょう✨


洗口剤の効果は?

デンタルリンス、マウスウォッシュなどと呼ばれるこの洗口剤は、たくさんの種類が出ています。
この洗口剤には、プラークを抑制するといわれるグルコン酸クロルヘキシジンなどが配合されています。
殺菌効果、口臭予防、口腔の洗浄などの効果があります。

液状なので口腔内の隅々まで届きます。
歯ブラシでは入り込めない場所や粘膜などに有効です。
しかし、ブラッシングと比べるとプラークコントロールの効果は低く、補助的な役割と考えるほうがいいでしょう。

洗口剤は歯磨きの代わりにはなりません。
口臭の予防の効果にも臭いの出る部分を別のにおいでごまかしているにすぎません。

本当に口臭をなくしたいのなら、その原因、歯周病や虫歯を治すことが大切です。
一緒に頑張りましょう!


歯ブラシの交換時期

歯ブラシの交換時期といっても、どのタイミングで交換すればいいのか??なかなか分かりづらいですよね(´-ω-`)
「毛先が開いてきたら…」といっても、人それぞれ感じ方は違います。

1つの目安としては、歯ブラシを裏から見て毛先がはみ出しているかどうか??少しでもはみ出していたら、早めに交換しましょう!!
もう1つ、ブラッシングの回数、磨く時間、磨く強さによって変わってきますが、1ヶ月に最低1回歯ブラシを変えることを目安としましょう!!
毛先の広がったホウキでは、隅々まできれいにはけませんよね??それと同じで、毛先の開いた歯ブラシでは、歯垢をきれいに除去することはできません。
歯ブラシは小まめに

交換しましょう!ヽ(´▽`)/


虫歯で痛みが出るのはどの辺りから(・・?

この時期になると職場や学校で健康診断が実施され、歯科検診を受けるかと思います。

既に受けられた方、『C』や『C1』など検診中に聞いたり、検診結果で見たりしませんでしたか?
これは虫歯の進行度を記号化したものなのです💡
数字が大きくなるほど虫歯が進行しています💦

歯茎から上の部分を『歯冠(しかん)』、歯茎に埋まっている部分を『歯根(しこん)』といいます。
歯冠の表面は身体で最も硬いエナメル質で覆われ、その内側に象牙質、そして内部には神経と血液、リンパが流れています。

虫歯が象牙質に達した状態を『C2』と表記し、ここまで進行すると自覚症状が出てきます。
神経に近い虫歯は治療後も暫く冷たいものが沁みたりするなど不快な症状が続くことがあります。

虫歯が進行すればするほど、治療期間は長くなります。
一度できてしまった虫歯は自然に治癒することはありません。
検診結果がよくなかった方は、少しでも早く歯科にかかってくださいね❤


デンタルフロスについて

デンタルフロス(糸ようじ)は普段使用している歯ブラシでは

落としにくく困難な場所に用いる

補助的な清掃用具です!
フロスを使用するのに1番効果的な場所は

歯と歯の間です!
この部分は歯ブラシの毛先を適切に

入れることが難しく歯垢が

残りやすい部分として知られています。

そのためむし歯の好発部位の1つになっています。
藤本歯科でも販売していますので

デンタルフロスを

使ってみようかな?と思われた方は

是非、スタッフにお声掛けください😊🎵


新しくなりました!

歯を磨いていても、汚れがとれないと思ったことはないですか? 

タバコのヤニ、食べ物、飲み物による着色はとれない汚れもあります。その汚れをきれいに落とすことができる器具    『ジェットポリッシャー』 を導入しました!

歯の表面をきれいにする専用のパウダー『フラッシュパール』を使用して歯面清掃を行います。

フラッシュパールは、塩辛さが無く、無味無臭!細かいパウダー粒子で今までのものに比べて歯茎を傷つけずに着色汚れを除去できます!

着色汚れを落として、歯面のツルツルを体験してみてください!                                                     


混合歯列期について

こんにちは、藤本歯科の藤本です(*^^)v

新年度スタートですね!!
ピカピカのランドセルがいっぱいです♪
この頃は乳歯から永久歯への生え変わりの時期です。
でもなかなか他のお子さんと比べてうちは遅いな?とか、
奥の方から歯が生えてきたとか、心配なこともあると思いますが、早いからいいとか、遅いからいけないとかではありませんよ、準備か大切です☆
きちんと歯ブラシができていることが大切です!
混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している)は虫歯になりやすい時期ですのでブラッシングのチェックはしてあげてください。
必要なら仕上げ磨きをお願いします。
歯科医院で永久歯のいちがどのあたりで待機しているかを確認することもお勧めします(*^^*)


1 / 1612345...10...最後 »