あれ?歯の数が合わない(*’ω’*)?

私達「人間」の正常な歯の本数は、乳歯・20本永久歯・32本です。
しかし、約7~8%(12~14人に1人)の確率で生まれつき歯が足りないことがあります。
これを『先天欠損歯(先天欠如歯・無歯症)』と言います。
image

原因はハッキリとしていないのですが
・歯の退化
・遺伝
・全身疾患(ダウン症・骨形成不全症etc…)
・外傷
・栄養不足
・薬物の副作用
などが考えられています。

先天欠損歯があると歯と歯の間に隙間ができ、いわゆる“すきっ歯”になってしまう恐れがあります。
また乳歯が先天欠損の場合、1/2以上の確率で後に生えてくる永久歯もない場合が多く、噛み合わせや歯並びの問題が出てくることもあります。
もしそのようなことがあっても、特に大きな問題が無ければ治療せずにそのまま様子をみます。
歯が無いことで何らかの問題がある場合は、矯正治療で隙間を埋める、ブリッジや部分入れ歯・インプラントで無い歯を補う必要があります。

当医院でも何名か先天欠損歯があるため、矯正治療を受けているお子さんがいらっしゃいます。
また、乳歯が抜けずに残っているので永久歯が無いことを知らなかった方もいらっしゃいます。
レントゲン写真を撮れば確認できますので、もしご不安な方がおられましたら1度受診してみてください(๑•̀ω•́๑)


思う存分…

こんにちは^o^

このあいだ、家族でステーキ屋さんに行ってきました(^^) 好きなお料理を噛んで味わって頂くのは幸せなことですよね^ ^

歯を失った為にお食事でお困りの方を多くお見受けしますが、失った歯を補う為の治療方法がいくつかありまして、最も天然歯に近い歯の機能を再現できる治療方法はインプラント治療と考えております。

「インプラントって怖い」「痛そう」と選択肢から外される方がいらっしゃいますが、インプラント治療を受けられた患者さんがおっしゃるのは、「思ってたより痛くなかった」など、治療前に不安そうにしておられた患者さんほど終了後、笑顔でお帰りになられます(^^)

これからどんなお食事を楽しまれるのでしょうか(^^)?

インプラントの無料相談を随時受付しておりますので、お気軽にお電話ください(^^)
無料相談専用フリーダイヤル 0120-469-249

20140407-112755.jpg


春ですねぇ〜^o^

こんにちは^ – ^
藤本歯科staffの制服リニューアルに伴い、医院ホームページ用の写真を撮り直しに公園へ行きました(^^)
サクラ満開でとても気持ちよかったです(^^) 写真の男性はカメラマンの横山さんです^o^ BBQしたかったな〜(*´∀`*)♪

20140404-093252.jpg


酸蝕歯(さんしょくし)

食べ物の中でもお酒やお酢は酸が強い食物です。
過度に摂りすぎると歯のエナメル質にダメージを与え前歯の先が変色する場合があります。
歯の色が半透明に近い変色を起こします。

歯だけでなく、アルコール類は口の粘膜や歯茎を刺激し、口内炎ができやすくなります。
普段、私達の口は唾液により中性に保たれていますが、一度食事をすれば酸性に偏ります。
なので、1日の内で食事や間食回数が多いとその分虫歯のリスクは上がります。

酸蝕歯は虫歯とは異なりますが、初期の虫歯と言えます。

夜の晩酌など、お好きな方は量や回数を減らすことは中々難しいと思いますので酔い潰れない程度で楽しんだ後は必ず歯磨きするようにしてくださいね♪

20140328-170530.jpg


※防災用品の1つに加えてください※

今後30年以内に東海・東南海・南海地震については発生確率が非常に高いとされています。
みなさんはもしもの備えとして、防災用品を準備されていますか?

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災。
震災の難から逃れられたにもかかわらず、避難生活中に肺炎を患い200名以上の方がお亡くなりになりました。
大規模災害時には水が大変貴重になるために歯磨きができず、お口の衛生状況が悪化

繁殖した細菌が誤って肺へ

誤嚥性肺炎の発症
となってしまったと考えられます。

そこでみなさんに是非とも防災用品の1つとして加えていただきたいのが液体歯みがきと歯ブラシです!!!
被害が甚大な災害時にはまず食料や水・毛布などが求められますが、お口のケアも健康を保つためには必要です。

大切な身体を守るためにも忘れず加えて下さいね(*^^)v
image


おしゃぶりが歯並びを悪くするってホント?!

「歯並びが悪くなる」「癖になるとよくない」etc…ご年配の方には特に評判があまり良くないおしゃぶり
しかし最近は「使用した方がむしろ歯並びが良くなる」という研究結果もあり、使うことに抵抗がなくなってきたようです。
実際、何人か私の友人も子供に可愛いおしゃぶりをくわえさせています♪

日本小児科学会や日本小児歯科学会に所属する会員でつくる検討委員会が発表した内容によると、就寝時に使用するなど長時間の使用で噛み合わせが悪くなるなどの理由で、おしゃぶりはできるだけ使用しないほうが良いそうです。
もし使用するのであれば1歳までに常用を止め、2歳半までには卒業するべきとのこと。

ただ、1歳頃は眠たくてグズグズする1番のピーク!!
その頃に常用を止めなければならないのは少し難しい…ですよね(-“-)


永久歯が後ろから生えてきた!!!!!

永久歯が乳歯の後ろから生えてきているので診てほしい」と、よくご連絡をいただきます。
永久歯は乳歯の真下から生えてくるのが正常ですが、下の前歯だけは例外で少し内側から生えてくるのが正常です。
内側から生えてきた永久歯は生えてきた位置のままではなく、舌の押す力で外側へ、唇の力で内側へ押されるので自然に矯正され、程良い位置に並びます。
しかし、自然の矯正力だけでキレイに並ぶかは保障できません。
もし歯の位置など、歯並びで気になることがあれば歯科医師にご相談下さい。

当院では『家族相談室』として無料で相談して頂ける機会を設けております。
乳歯や歯並びの他にも入れ歯や歯周病、インプラントetc…ご本人はもちろん、ご家族のお口の悩みを解決させて頂きます。
もし何かお困りやご相談がありましたらお気軽にご連絡ください♬


春といえば、、

春がもうすぐそこまで近づいているようですね^o^ お花見、イチゴ狩りなど楽しい事がたくさん待っています。
花粉症の方には辛い季節だと思いますが。(>ω<、)

3月から当院スタッフの制服が新しくなりました^o^ 患者さんからも好評で、「制服変わったんですね〜!」 「似合ってますね」と声をかけて頂いて、とても嬉しいです^ – ^
よかったら定期健診の際に
チェックしてくださいね。笑
新しい制服でお待ちしております^ – ^


赤く染めて磨き残しチェック

多い方では一日3回歯磨きされてる方がいらっしゃいますが、朝など時間が限られてる時や夜疲れてそのまま寝てしまう方もいらっしゃると思います。

なので、一日一回だけしか磨かれない方はその一回の歯磨きが重要になってきます!

歯医者には“染め出し”と言って、磨き残しをご自身で把握してもらうための物があります。

綿に染み込ませた赤い液を歯の表面に塗ると、磨き残した部分の“歯垢が赤く染まる操作”です。

小学生の時に集団指導などで、された記憶をお持ちの方もおられるかと思います。

子どもの頃からきちんとした歯磨きを身につけることで、虫歯やお口のダメージを減らして健康で白いままの歯を得ることにもつながります。

赤く染まった歯垢を見て頂いて、歯ブラシを当てるポイントやコツを歯科衛生士から指導して確認していきますので、虫歯になりやすいお子さんは虫歯予防も含めて一度歯医者で歯ブラシ指導を受けてみるのはどうでしょうか?

正しい歯磨きができてるか気になる方は一度お口の中を見せに来てくださいね♪
わかりやすくお話させていただきますo(^_^)o

20140304-120955.jpg

20140304-121004.jpg