月別アーカイブ: 2017年12月

なーんか違和感がある…

こんにちは藤本歯科の藤本です( ✌︎’ω’)✌︎
 
  • グッと硬いものを噛むと歯が痛い
  • 歯が浮いているような感じがする

そんな経験ありませんか?

歯茎の際や根っこに付いている歯石が原因かもしれません!

歯茎が何となく赤くぷくぷくしている感じがある、歯磨きするとよく出血する等は要注意です!!

歯茎の検診を受けてください( ´θ`)ノ


人間の身体の中で1番硬い組織はなーんだ!?

みなさん、人間の身体の中で1番硬い組織はなんだと思いますか?

正解は「歯」なんです!

正確には「エナメル質」という歯の1番外側の組織です。

物の硬さを量る単位として、引っ掻いた時の傷の付きにくさを10段階で表した「モース硬度」というものがあります。

  • モース硬度1:チョーク
  • モース硬度2:岩塩
  • モース硬度3:珊瑚
  • モース硬度4:鉄・真珠
  • モース硬度5:ガラス
  • モース硬度6:オパール
  • モース硬度7:人間の歯(エナメル質)・水晶
  • モース硬度8:エメラルド
  • モース硬度9:ルビー・サファイヤ
  • モース硬度10:ダイヤモンド

実は歯は鉄よりも硬いんですよ∑(゚Д゚)

しかし、鉄が水や酸素にさらされると錆びてもろくなるように、歯もしっかり手入れをしないと虫歯によって簡単に穴が開いてしまいます。

日頃からしっかりケアをし、硬い硬い歯に穴を開けないようにしてくださいね♫

 


歯周病

こんにちは。藤本歯科の山口です。
先日歯周病学会に参加してきました。全身と歯周病の関係について医科の先生を含め沢山の先生方が発表されていました。最新の研究では歯周病菌の一部が腸内にまで侵入し、細菌層を変えてしまうとの事で腸内フローラの環境が破壊されるとのことでした。まだマウスによる研究ですが今後更に研究が進み腸内フローラと歯周病についても因果関係がはっきりしてくると思われます。また学会の最後に日本歯周病学会長より「京都宣言」がなされ歯周病撲滅へ向けて歯科医師が一層努力する事で国民の健康増進に貢献することが高らかに宣言されました。当院も患者さんのお口の中をしっかりケアすることで健康増進に貢献していきます。


金属アレルギーと補綴物

こんにちは藤本歯科の藤本です 😛
 
金属アレルギーでお困りの方いらっしゃいませんか?
アクセサリーで湿疹等でお困りの方が口腔内の詰め物(虫歯の後に詰める
金属)でも反応することも少なくはありません。
補綴物(詰め物や被せ物のこと)の材料の1つにセレックというセラミック製の詰め物があります♫
体に優しい素材でできていますので安心です。
削ってから補綴物を入れるまで、1歯1〜2時間ほどで終了します!
従来であれば1週間ほどかかっていたので、セレックであれば通院の回数もぐんと短縮 😯
ご興味のある方は是非ご相談ください。
 
※セレック治療は自費診療となります、治療費についてはご相談ください。

ブラッシングのポイント

大事なのは最後臼歯がブラッシングできているか?です。
最後臼歯とは上下の歯列の一番奥の歯のことです。
ここはプラークをためて虫歯を起こしやすいところです。
歯周病も発症しやすくなります。ただ通常の歯ブラシだと効率よく磨きにくいところでもあるので、タフトブラシというヘッドが細く丸くとがったような特殊な歯ブラシを使用すると非常に適しています。
最近は一般的な薬局でも普通に購入できるようになりました。
試してみてくださいね。


寒いときほど身体の力を抜いてみませんか⁉

ここ数日、本当に寒いですね(∋_∈)‼

寒さに身構えてしまうと、どうしても全身に血からが入り知らない内にグッと食いしばっていることにお気付きですか⁉

食いしばると歯への負担だけでなく、顎の痛み、頭痛や肩こりといった症状を引き起こします。

拳を握りしめたり肩をすくめたり…

気付いたときは身体の力を抜きましょう🎵


自分では気づきにくいコト

こんにちは藤本歯科の藤本です(*^▽^*)
 
突然ですがお口の臭い気になりませんか?
原因としては、歯科の場合は主に虫歯・歯周病・舌苔(舌の表面に付着する垢のようなもの)です!!
口臭は自身でも気づかない場合はありますが、意外と周囲は気になっていることがありますΣ(‘◉⌓◉’)
周りは言いづらい場合もありますので、一度歯科医院でお口のチェックをしてみてください☆

自分のため、そして家族のために🔍

今回は身元特定のお話を…

そんな頻繁ではありませんが、ごくたまに当院にも身元特定の依頼があります。

歯は 人間の身体の中で、1番硬く、高温にも耐えることができる組織です。
大規模災害で身元不明の遺体が数多くあるような場合、 歯の型が個人識別にとても役に立つ事を みなさんご存知ですか?
歯の型だけでなく、レントゲン写真や実際のお口の中の写真、カルテによる歯の状態や、その歯がどのような方法でどんな材料を使って治療したのかetc.
歯医者さんの持つ歯科的な情報を全て駆使して行います。

歯を見れば、性別・年齢、磨り減り方や治療に使われた材質などで、その人の食生活etc.
本当にたくさんの情報がわかるんです。

痛くなくても歯医者さんへ行き、定期検診を受けて記録を残しておくことは、自分自身の歯の健康を保つだけでなく、家族のために 自分の証を残す、という意味もあるんですよ‼
万が一 何かあったとき、残された人の為に出来る事、その1つが歯医者さんに通うこと☝

覚えておいてくださいね♪


いつものブラッシングに補助用具を✨✨

普段使われている歯ブラシだけでは、思っているよりすみずみまで汚れを落とすことはできません。歯と歯の間の汚れを落とすフロス(糸ようじ)や歯間ブラシなど、いつも使っている歯ブラシ+補助用具で、お口のすみずみまで綺麗に保ちましょう😊✨


自分にあった歯ブラシを*\(^o^)/*

こんにちは藤本歯科の藤本です╰(*´︶`*)╯

毎日のブラッシングにどんな歯ブラシを使用していらっしゃいますか?
歯ブラシは何でもいいと思っていらっしゃいませんか?
年齢・口の大きさ・虫歯予防・歯周予防対策etc…歯ブラシも様々です。
持ち手や毛先の長さしっくりくる1本があるはずです☆
取り替え時期に考えて見られてはいかがですか?
取り替えの目安は1ヶ月ごとです!
電動の音波ブラシも有効です、いつでもご相談ください!!