> 
「痛い怖い」を和らげるお約束
~少しでも不安要素を取り除くために~

「痛い怖い」を和らげるお約束
~少しでも不安要素を取り除くために~

藤本歯科医院スタッフ

「痛い」「怖い」そんな心配が一気に
消し飛んでいく歯科治療をお約束します。
「歯医者に行くのがつらい」「できれば一生行きたくない」......そんなトラウマを抱えている患者様に向かって、「痛みや苦しみをできるだけ感じなくて済む歯科治療」を提供するのが、当院のモットーです。

歯の治療を受けたときに、痛い思いや不快な経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?
(たとえ麻酔を使っていても)突き刺すような痛みが感じられたり、えぐられるような衝撃、あるいは落ち着かない異物感が発生してきたり......といったケースが、かつて多かったことは間違いありません。

「歯医者に行ったら、絶対に痛い目にあう」というイメージが強い理由は、ひと昔前の歯科医がよく荒療治を行っていたことが原因でしょう。

しかし、当院では、できるだけ痛まない治療を追求しています。
「痛くない」そして「怖くない」歯科治療を実現するために、スタッフ全員が以下の8つのお約束を確実に守るように心がけています。

当院では、痛さや怖さを徹底して取り除くことを最優先しています。
これまでに、歯科医院に通ってつらい思いをした経験のある方にこそ、安心してお越しいただきたいと思っています。

麻酔を打つときに痛まないように「表面麻酔」を利用します

表面麻酔

麻酔を注射する直前に、注射針を刺す部位(の表面)に塗って、痛みをさらに軽減する方法が「表面麻酔の塗布」です。
麻酔は、患部の神経をうまく麻痺させて、痛みを感じないようにするものですが、麻酔を注射針で打つとなると、針が刺さるときにどうしても痛みを感じます。その痛みを最小限にするために、当院では表面麻酔を丁寧に塗っています。

痛みを避ける上でこんなメリットがあります!
表面麻酔を塗ってから注射をするなら、針が刺さる痛みが格段に薄まります
(「以前の歯科医で、針が刺さるときに痛かった」という苦い思い出をお持ちの方でも、「想像と違って、意外と痛くなかった!」とよくご満足いただいています)。麻酔の途中で、唾液で流れてしまわないように工夫して塗りますから、効果もしっかり発揮されます。
痛みを避ける上でこんなメリットがあります!

麻酔が体にショックを与えないよう、温めてから注入します

麻酔液を温める器械

麻酔を必ず温めて、体に入ったときに違和感や苦痛を起こさないようにしています。
麻酔液自体に有害性は特にありません。しかし、人体は麻酔液という異物が注入されるだけでも、過剰に反応してしまうことがあります。これは生物としてはごく自然な反応のため、必ずしも悪いことではありません。

とはいえ、麻酔を打つだけで痛みや違和感を覚えてしまうのでは、やはり歯科治療を受けるときにプレッシャーになってしまいます。そこで体内にスムーズに入っていくように、麻酔液を体温くらいの温度に温める器械の出番となります。

痛みを避ける上でこんなメリットがあります!
麻酔液が潤滑に入り込んでいくような効果があります。
麻酔が入っていくときに苦痛や不快感を覚えていた方でも、それを大幅に軽減できます。
痛みを避ける上でこんなメリットがあります!

注射中にトラブルが起きないよう、電動注射器を使います

電動注射器

電動注射器「カートリエース」を利用して、スムーズに、そして着実に進行する麻酔治療を行います。

注射は、針を使って血液まで確実に突き刺す必要がありますから、どうしても痛みが生まれます。特に麻酔の場合、液体を混入し終わるまでそのままにしておかないといけませんが、麻酔液を送り込むときに、力の加減がずれるだけでも痛みを大きくしてしまう恐れがあります。

そこで、人の手で打つのではなく、完全に機械化された注射器を用いて、必ず一定の速度と圧力で麻酔液の注入を終わらせるようにする方法が登場しました。それが「カートリエース」です。

痛みを避ける上でこんなメリットがあります!
  • (個人差はありますが......)痛みを増幅させる恐れを大幅に縮小させることができます。
  • 人の手で注射する場合は、どんな熟練者でも間違いを犯す恐れがありますが、電気でコントロールしてゆっくりと針を入れていく以上、どんなときでも安定したやり方で注射を行えます。
痛みを避ける上でこんなメリットがあります!

レーザーを活用して、手短に治療を終わらせます

レーザー

1,000度近くの高温のレーザー光を短時間患部に照射する治療法があります。 この方法は、虫歯や歯周病の治療のほか、ホワイトニングや口内炎、そして歯茎のメラニン色素の除去......、と広範囲にわたって応用できる画期的なシステムです(実際に、当院でも多岐にわたって利用しています!)。

特に虫歯の場合、まだ段階が進んでいないときはこの方法で楽に解決できることが多いです。

痛みを避ける上でこんなメリットがあります!
  • レーザー光は1秒に満たない時間しか照射しませんが、炎症を起こしている組織を瞬時に焼き切ることができます。
    このため痛みはほとんど発生せず、雑菌を大幅に減らすこともでき、予後の経過も良好になりやすいといったメリットがあります。
  • 知覚過敏の方(ちょっと冷たい水を飲んだだけでもしみているように感じてしまう患者様はよくいらっしゃいます)にとっても楽な治療を提供できます。
痛みを避ける上でこんなメリットがあります!

口腔内カメラで撮影した写真をお見せしながら 説明します

口腔内カメラ

口の中は鏡でも用いないと、通常では見ることができないところです。
患者の皆様としては、「自分の口の中がどうなっているのか」「これから自分はどんな治療を受けようとしているのか」、ぜんぜん見当がつかない以上、どうしても不安が増幅されがちです。

「痛くない」「怖くない」治療の実現のために
当院では、「口腔内カメラ」で歯や口の中を精密に撮影して、ご自分のお口の中が今どのような状況か直接確認していただいています。
そして、その写真をもとに治療の内容についても詳細に説明しています。
※十分にご納得いただいてから、治療に入らせていただく形をとっています。
「痛くない」「怖くない」治療の実現のために

症状や治療の内容を、とにかく徹底的に 説明しています

徹底的に 説明

日本の医療全体に長年共通してきた問題点でしたが、医師が患者に十分な説明をせずに、治療内容を決定してしまうという傾向が長らく続いてきました。歯科医療の現場においてもその傾向は顕著で、説明不足のまま治療がスタートしてしまうケースも、かつては日常茶飯事でした。

「痛くない」「怖くない」治療の実現のために
当院では、必ずきちんと説明をしてから、判断を仰ぐ方針をとっています。
必要に合わせて、アニメーションを使って治療の流れを説明するなど、何かとわかりにくい歯科医療用語を、視覚的にわかりやすくする工夫も取り入れています。

治療の順序についても、できるだけ患者様のご希望を優先しています。ただし、必要に応じて治療の順序を入れ替えさせていただくことはあります(その場合は、ご希望の治療をなぜ後回しにするのかをきちんと説明いたします)。
「痛くない」「怖くない」治療の実現のために

患者様の立場になって「怖がらなくて済む治療」を
目指しています

怖がらなくて済む治療

痛みや不快感は、患者の皆様おひとりおひとりでまったく違います。最新式の治療器具がそろっていても、使うのは歯科医師やスタッフですし、施術者は常に細心の注意を払いながら治療にあたる必要があります。特に、施術者が慢心したり、あるいは「これくらいなら平気だろう」と適当な態度で施術にあたったりすることが、患者の皆様にとってのトラブルの原因となります。

「痛くない」「怖くない」治療の実現のために
当院では、患者様のご心境を尊重しながら、治療に入らせていただきます。
例1)「痛い思い出」「怖い思い出」をお持ちの方は、初来院時に緊張なさっていることが珍しくありません。
⇒「歯医者はお久しぶりですか?」「椅子に座るだけでもドキドキしますよね?」といった具合に、患者様のお気持ちをよく理解していることをスタッフはお伝えします。同時に、肩の力が自然と抜けるような言葉も掛けさせていただきます。
例2)治療中にフェイスタオルをかけていただくことが多いのですが、その間、患者様は目の前が見えません。そのため「口の中で、今何が起こっているのだろう?」「今この人は口の中で何をやっているのだろう?」......と、治療内容やスタッフに対して、過度に不安をお感じになることが珍しくありません。
⇒患者様の不安を解消するため、できるだけ落ち着いたトーンの声で話しかけさせていただいています。スタッフ全員が、「施術が取り込んでいるときでも、患者様に対してはとにかく丁寧に説明を続けること」を遵守しています。
----
※痛みや違和感が多少発生する可能性がある施術を行うときは、(「我慢してください」というわけではありませんが)必ずその内容について 説明して、ご理解をいただいてから、処置に入らせていただいています。
「痛くない」「怖くない」治療の実現のために

リラックスできる環境づくりをがんばっています

リラックスできる環境づくり

歯科治療を受けるにあたって、「痛い思い」「怖い思い」を1回でも経験してしまうと、ほとんどの方が巨大なトラウマを抱いてしまう傾向があります(それが、歯科医から遠ざかりたくなる風潮をつくっているようです)。
たとえ必要に迫られてしぶしぶ歯科医院の門を叩いたとしても、中の風景を目にしたり歯を削る音を耳にしたりするだけで、「つい恐怖感に駆られてしまう」という方が本当に多いようです。

「痛くない」「怖くない」治療の実現のために
当院では、リラックスできる環境づくりを心がけています。清潔感と開放感に満ち溢れた待合室や診療室をつくり出すことで、自然と恐怖感から解放されるように努めています。 そして、患者の皆様との日常的な会話を常日頃から行うようにして、自然と親しめる雰囲気づくりにしています。
※お子様の場合は、理屈抜きで怖がってしまうケースが多いですが、待ち時間の間にアニメを流すなど、何気なく恐怖が取り除かれていくような演出も工夫しています


「痛くない」「怖くない」治療をとことんこだわり続けています

当院が開業して間もなく15年が過ぎようとしていますが、その間一貫して、「痛くない」「怖くない」歯科治療を主なモットーとして掲げてまいりました
ささいな苦痛や不安にも必ず対応するという体制を崩さない姿勢を評価していただくこともだんだんと多くなり、おかげさまで、長期間ブランクがあっても来て下さる方も多いですし、家族連れで来て下さる方々も最近は少なくありません

当院ではこれからもすべてのスタッフが、「痛くない」「怖くない」治療を追求してまいります。心配事をお持ちの方には、いつでも遠慮なくご相談いただければと思います。
「痛くない」「怖くない」治療の実現のために
南海本線 湊駅「徒歩5分」  阪堺線 東湊駅・御陵前駅「徒歩8分」〒590-0834 大阪府堺市堺区出島町3-1-10 初診予約・無料カウンセリングのお申し込みは専用フリーダイヤルでお電話ください 0120-469-249

メールフォームによる初診予約はこちら

無料カウンセリングのご予約こちら

  • スタッフブログ
    • 藤本歯科ラジオ

    医院紹介

    診療メニュー

    • 先進医療のセレック 銀歯、金歯などの詰め物が最短1時間でキレイになる 詳しくはこちら
    • インプラント治療 自分の歯と同じような感覚でものが食べられる 詳しくはこちら
    • 初診予約
    • 無料カウンセリング予約
    • 初診から治療までの流れ
    • 当院が患者様に喜ばれる10の特徴
    • 「痛い怖い」を和らげるお約束 少しでも不安要素を取り除くために
    • 患者様ロングインタビュー白水様
    • 患者様ロングインタビュー城間様
    • お知らせ&セミナー・イベント情報
    • 藤本歯科のニュースレター「ハッピー通信」
    • ウェディング オーラルケア
    • クレジットカード