> 
 > インプラント

インプラント

インプラント 失った歯と変わらない感覚で噛めるようになる治療法です
  • 入れ歯を使ってみたが、十分に満足できない・・・
  • 固いものが噛めず食事を楽しめない・・・
  • 入れ歯が合わず何度も作り直している・・・・・
  • ブリッジや入れ歯を入れるために、健全な歯を削る必要がある・・・
  • 歯列にスキ間があるため、自然な形のブリッジができない・・・
  • すでに入っている大きなブリッジを全部やり直す必要性が生じた・・・

↓

インプラントを行うと、まるで自分の歯の様に自然に噛めるようになります

インプラントとは?

インプラント構造

インプラント治療とは、人工物でできた歯根を顎の骨の中に埋め込んで、それを土台として失われた歯および噛み合わせの再建を行う歯科治療のことです。 歯を虫歯で削ったり、あるいは歯周病などで失った場合、固定式の装置(クラウン・ブリッジ)や取り外し式の入れ歯でお口の機能を回復する処置を行います。

固定式の装置(ブリッジ)は比較的自分の歯のように噛むことができますが、残存している歯の状況・本数によって適応できない場合があり、そのようなときは入れ歯になってしまいます。 入れ歯ではどうしても噛む力が弱く違和感が出やすく、せっかく作成しても入らなくなったり合わなくなったりしていました。このような状況においてもインプラントを用いることにより自分の歯で噛むという事を再現できるようになったのです。 インプラント治療によって、天然の歯とほとんど変わらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことができます。

入れ歯の不満を解消するインプラント治療のメリット

  • 天然の歯と同じように強い力で噛める
    一番のメリットはきちんと噛めるということ。
    顎の力が直接歯に伝わり、自分の歯のように強い力で噛む事ができるようになります。
    見た目も存在も天然歯とほとんど変わらないので、痛みや苦しさ、違和感を感じることがなく、自然に話せて、自然に食べることができます。
  • 入れ歯特有の臭いはありません
    「入れ歯」や「ブリッジ」といった、人工的な歯は、歯垢が特に溜まりやすいやすくなり、口臭につながります。
  • 取り外しの煩わしさがない
    インプラントは一度設置してしまえば、自然の歯と扱いは同じです。
    インプラントは天然歯と同様に歯槽骨に直接ついていますから、取り外す必要がありません。
  • 健康な歯を傷めない
    ブリッジは1本抜けた歯の代わりに人工歯を入れるために、両隣の歯を削る必要があります。
    部分入れ歯もクラスプをかける歯に負担がかかります。
    インプラントは抜けたところに植立するだけなので、他の健康な歯にはまったく影響を与えません。
  • 審美性もよく、表情が豊かになる
    入れ歯をしていると入れ歯のことが気になり、口を大きく開けることができないものです。
    また、口臭や見た目を気にすることがありませんので、自然で豊かな表情になります。

インプラントと自分の歯の違いは?

インプラント構造

見た目はほとんど違いがわかりません

ただ根本的に違うのは天然歯には歯根(歯の根っこで)と骨との間に歯根膜という感覚を脳に伝えたり、衝撃を和らげるクッションの役目を行う組織が存在します。
インプラントは直接あごの骨と結合するので簿妙な感覚は伝わりにくいとされていますが、インプラントを埋入された方の感想によりますと、まるで自分の歯のような感覚で食事ができると話されています。

お口の様々な感覚器官が働く事によりインプラントだと噛むという機能が脳に伝えられていると考えられます。

インプラント治療の流れ

  • 01検査と治療計画

    01検査と治療計画

    失われた歯の数、インプラントを埋め込む歯の硬さ、大きさ、位置により、治療にはさまざまな選択肢があります。
    歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

  • 02一次手術

    02一次手術

    あごの骨にインプラントを埋め込みます。

  • 03治療期間

    一次手術後、3~6ヵ月の治癒期間をおく事で、インプラントと骨が強い力で結合します。

  • 04二次手術

    04二次手術

    あごの骨にインプラントを埋め込みます。

  • 05人工の歯を作成・装着

    05人工の歯を作成・装着

    歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。
    形や色などは患者さんに合わせて作成し、インプラントに取り付けます。
    メンテナンスと定期検診 インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。

  • 06メンテナンス・定期検診

    状況によて異なりますが、まずは1ヶ月毎に行います。
    ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

インプラント体の材質

インプラント体の材質

見た目はほとんど違いはわかりません

チタン
チタン合金
ニッケルチタン合金

があげられます。
現在主に用いられているインプラント体はチタン性になります。

からだに優しく生体親和性に優れているとされています。

症例

下あごの骨にインプラントを4本入れることで13本分の歯が補えました。

【80代・女性】
上・下顎の入れ歯からインプラントへ移行した症例。
上顎:3本、下顎:1本はご自身の歯牙です。
上顎にインプラントを埋入(4本)、後にセラミックによる歯牙を再現しました。
その後下顎の治療に移り同じくインプラントを(4本)埋入し上顎と同様にセラミックによる歯牙を再現しました。

下の歯症例下の歯症例

インプラントって難しく考えていませんか?

  • 歯を失えばどうなるの?
  • 費用はどれくらいかかるの?
  • ブリッジとはどう違うの?
  • 健康な歯と歯ぐきについて
  • インプラントの治療方法
  • インプラントの材質
  • インプラントの流れ
  • インプラントと自分の歯はどう違うの?

など、皆様が気になる疑問におこたえします。

無料カウンセリングを行なっております。
  • 初診から治療までの流れはこちら
  • 「痛い怖い」を和らげるお約束はこちら
その他の診療メニューのご案内はこちら
南海本線 湊駅「徒歩5分」  阪堺線 東湊駅・御陵前駅「徒歩8分」〒590-0834 大阪府堺市堺区出島町3-1-10 初診予約・無料カウンセリングのお申し込みは専用フリーダイヤルでお電話ください 0120-469-249

メールフォームによる初診予約はこちら

無料カウンセリングのご予約こちら

  • スタッフブログ
    • 藤本歯科ラジオ

    医院紹介

    診療メニュー

    • 先進医療のセレック 銀歯、金歯などの詰め物が最短1時間でキレイになる 詳しくはこちら
    • インプラント治療 自分の歯と同じような感覚でものが食べられる 詳しくはこちら
    • 初診予約
    • 無料カウンセリング予約
    • 初診から治療までの流れ
    • 当院が患者様に喜ばれる10の特徴
    • 「痛い怖い」を和らげるお約束 少しでも不安要素を取り除くために
    • 患者様ロングインタビュー白水様
    • 患者様ロングインタビュー城間様
    • お知らせ&セミナー・イベント情報
    • 藤本歯科のニュースレター「ハッピー通信」
    • ウェディング オーラルケア
    • クレジットカード