カテゴリー別アーカイブ: 審美歯科

☆歯を白くする方法をお伝えします☆

2月もラスト1週間…

3月もあっという間に去っていくのでしょうね(- -;)

さて今回は歯を白くする方法を4つ、お伝えしたいと思います。

まず1つ目は歯磨き粉で白くする方法です!

歯の表面の汚れだけであれば市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉やホワイトニングジェルで、ある程度白くすることが可能です。

4つの方法の中で1番安価です。

2つ目は歯のクリーニングで白くする方法です!

タバコ・コーヒーや赤ワイン・カレーetc…着色性の食品によって歯の表面に付いた色素(ステイン)が原因で黄色くなっている場合は、この方法で白くすることができます。

ただし、元の歯の色に戻すだけなので元の歯以上の白さにすることはできません。

3つ目はホワイトニングで白くする方法です!

ホワイトニングは歯の明度(明るさ)を上げて白くする方法なので、 自然に近い白さにすることが可能です。ただし、元々の歯の色が極端に濃い場合や抗生物質で変色した場合etc…ホワイトニングで白くならない場合だあります。

最後はセラミックで白くする方法です!

歯を削ってセラミックを被せたり、つけ爪のようなもの(ラミネートベニア)を貼り付けることで確実に希望の白さにすることが出来ます。

ただし、健全な歯を削らなければならないことと、保険適応外なので高額になります。

 

約1カ月後から新年度がスタートします(*^^*)

髪型や服装を整えるように、口元もキレイにすると印象がガラッと変わりますよ♪

新生活が始まる方もそうでない方も、これを期にいかがですか?


すきっ歯

お子様の上の前歯はすきっ歯ではないですか?

ちょうど上唇の真ん中に上唇小帯(じょうしんしょうたい)と言う“ひだ”がついています。
このひだが、歯の近くでくっついていると子どもの歯から大人の歯に生え換わっても、すきっ歯のままの状態になる可能性があります。
そうならないように、わざと切るときもあります。勝手に食べ物などで傷ついてきれたり、こけて切れることもあります。
歯医者で切る際は、少量の麻酔をして行います。少し傷つける程度なので痛みも口内炎程度です。

にっこり笑った時の愛嬌のあるすきっ歯、見た目を気にされる方は処置を考えてあげるのも一つの案です。


美しさは歯から

「明眸皓歯(めいぼうこうし)」という言葉があります。
明眸皓歯は美女を表す中国の言葉です。唐の詩人杜甫が世界三大美女の一人である楊貴妃の美しさを表現するために作った言葉です。
「眸」は「瞳」という意味で、「皓」は「白い」という意味です。
つまり、明るく澄んだ瞳と白くきれいな歯を持つ人が、美人の代名詞であったということです。現代でも美人とされる多くの人が白く美しい歯をもっていますので、昔からの美意識が今も続いているということでしょう。

前歯は歯と歯の間や、歯と歯茎の境目が虫歯になりやすいです。
糸ようじなどで、細かい歯垢を取り除いてしっかりとした歯周ケアを行って健康で白い歯を保ちましょう♪