カテゴリー別アーカイブ: その他

ありがとうございます♪

ご無沙汰しております、約半年ぶりの更新になってしまいました…

今回は嬉しいご報告をさせて頂きます。

なんと!

昨夏にupしたブログがいろいろなサイトに次々と取り上げていただきました☆

瞬間的に口臭が消える?!

突然のことでスタッフ一同驚きを隠せません(笑)

長らくお休みをさせていただいておりましたが、これを励みにまたみなさんに興味を持ってもらえるような記事をup出来るように頑張りますのでよろしくお願い致します!!


232本の歯?

人の歯は、子供で20本、大人で28本(親知らずを含むと32本)です。

驚くことに、インドで最近手術を受けた17歳の男性には232本もの小さな歯が余計に生えていたそうです。

無数の歯に気づくきっかけになったのは彼が、15歳の時、右下の顎が膨らみ町医者に診てもっらたところ原因は不明。

経済的理由でその後は、経過をみていたそうだが癌を心配した父親は意を決して総合病院へかれを連れていったそう。

幸い、州政府から助成金が認められ治療を受けれる運びとなった。

レントゲンを撮ると右下の一番奥の歯を取り囲む様に複合性歯牙腫と呼ばれる、良性腫瘍ができていることがわかったそう。

7時間の大手術を経て、晴れて普通の人と同じ数の本数になった男性にとってはとんだ一大事だったでしょうが、病院側はこの前代未聞の抜歯本数をギネス記録に申請する予定だそう。

これが認められれば、当人の苦い思い出も報われるかも知れませんね!


口腔がんを防ぐ☆

前回お話した口腔がん。
今回はその予防についてお話します。

▷たばこ・お酒を控える
たばこは、がんになるリスクが高いことは周知されていますが、口腔がんでも同じく因果関係があること がわかっています。
特に葉巻やパイプでの喫煙は、さらにリスクがあるといわれています。
アルコールには発がん性があり、たばこに次ぐ危険因子です。
たばこもお酒も好む方は極めて危険です。
1番はきっぱり辞めてしまうことですが、まずは控えるようにしましょう。

▷バランスのとれた食生活を心掛ける
偏食は栄養バランスが乱れ、免疫力を低下させます。
心当たりのある方は食生活を見直し、抵抗力をつけましょう。

▷口腔内を清潔に保つ
口腔がんを発症した方は同時に歯周病も発症していることが多いといわれています。
日頃から丁寧に歯磨きをし、お口の中を清潔に保ちましょう。

▷口腔内のトラブルを放置しない
合わない入れ歯を使い続けている、虫歯を放置したり詰め物や被せ物が外れたままになっているetc…
お口のトラブルをそのままにしていませんか?
歯ぐきや舌、粘膜に過度の刺激が加わり続けていると発症リスクが高くなります。

命を守る、健康でい続けるためにも「がん」を寄せつけない生活習慣を身につけましょう♬


ほうれん草を食べるとギシギシ

ほうれん草を食べると口の中がギシギシと感じたことはないですか?

ほうれん草にはシュウ酸という成分が含まれています。
口内に入ると口の中のカルシウムと結合して、歯に“しぶ”がついたような不快感がでます。

下ゆでされてないほうれん草を食べるとそうなることが多いです。
シュウ酸は水溶性なので、下ゆで処理を行うとギシギシにならないで済みます。

口内のカルシウムと結合しても、歯に悪影響が出る訳ではありませんが、シュウ酸を過多に摂取すると尿管結石などの病気の因子があります。
ただ、日常で食べる量では問題ありません。

もし、口の中がギシギシと感じたら歯磨きをして唾液の作用で口の状態が中性に戻るのを待ちましょう♪